Morris/モーリス W-40 ハカランダ 極上品Used ハードケース付き 58,000円

Posted by 関 浩一 on 2016年2月14日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

ボディ・ネック・フレットボード・ネックの状態が大変コンディションの良いコレクターズコンディション並の綺麗な1本が入庫!!!

バック・サイドがハカランダ!!!画像でもお分かりだと思うんですが、滅多にお目に掛かれないような高級感アリアリの綺麗な木目模様のハカランダですね~。。。そして、ボディートップも丁度いい具合に焼けて飴色に!!!おおお!

この木目を見ているだけでウットリしていまいます。。。

壁に飾って眺めていただけでも、幸せな気分になりそう~。。。いやいやそうでは有りません!弾いてちょうだい!ええ音しまっせ~!(何故か関西弁に(^▽^;))

見た目は、あの世界中のギタリストたちが憧れるマーチン ドレッドノートのD45によ~く似たヘッドの縦ロゴ、アバロン貝をふんだんに使って、サウンドホール・ボディートップのバインディングに、そして何とサイドにバックにまでも・・・これはマーチンD-45よりも装飾は豪華。

バックは、サイド2枚は綺麗な木目の高級ハカランダで真ん中は、これも高級材の綺麗なAAAハードストライプメープル!?凄い贅沢ですね。。。ハカランダが不足して細切れにハカランダを使ったと言われるマーチンD-41の3ピースとは違いますね。。。何と言っても今頃こんな綺麗なストライプメープルなんて探そうと思ってもなかなか無いですよね。。。

上げればキリが無いほど豪華で、マーティンに詳しい人は分かると思いますが、D45の特別限定で販売している数百万円のギターみたいですよね。。。

そして、出音は重低音から煌びやかな高音に至るまで、ドレッドノートだからこその飛び出してくる音圧と倍音がとても魅力的です。。。

でも、ハカランダではもう枯渇してローズウッド仕様のドレッドノートの50万円から100万円以上もするマーチンとは比べ物にならないでしょう?と思っている方は、是非弾きに来て下さい。。。特に最近のマーチンは不評ですね。。。木が乾き切っていないのも有るかもしてませんが。。。

お金に余裕がある方は、新品のD-28やD-45を買って頂ければいいんですが、ハカランダは使用してありません。ハカランダが使ってある50~60年代のマーチンを傷だらけでバインディングが剥がれたものでも、数百万~1千万円超えするのを買って頂ければ良いんですけどね。。。

果たして、価格に見合った音を当てることが出来るでしょうか???

【コンディション】

そして、40年以上も経たギターとは思えないほどの保管状態も大変良く、そして大切に扱われてたと思われるもので、この手のギターは必ずと言って良いほどハカランダ(硬いローズウッド)は木目でヒビが入ったり割れたり、まずまともな物は無く、その他トップ浮や、ネックの反り、捻じれ、波打ち、指板の剥がれや摩耗、割れ、フレットの摩耗、木材自身の割れ、ボディーのヒビ割れ、バインディングの剥がれ、塗装の白濁、塗装の劣化、ひび割れ、などなど・・・どこか何か有りそうなものですが、有りません!

画像をアップにしてご覧になってもネックその他に小さな傷や細かい傷がが有りますが、全体的には超美品で、小傷を取ってポリッシュ仕上げしました。二度とこんな品質の良いW-40は出て来ないだろうと思われるものですから、いざ売ってしまうのはとても勿体無い位なんですが、なにせ200本以上も持っていますと、3部屋がギターで満杯で埋まってまして。。。(-_-;)。そしてハードケースもご覧のように、年期は入っていながらも40年物とは思えないコンディションですよ~。

そして、フレットの減りも無くフレットシェーパー、フレット擦り合わせ指板調整、ペグ分解オーバーホール給油してトルク調整等々メンテ&カスタマイズして有りますから、初心者でも引きやすいように、12フレット6弦/1弦で2.5mm/2.0mm以下にしても音詰まりは勿論ビビりも出ないように、カスタムチューニング&リペアトップ浮き修正も含め、リペアショップや楽器店では、最低50,000~60,000円位になると思います。を掛けてCIKカスタムショップ仕様にして、とても弾き易い最高のコンディションに仕上げて有り、木も乾ききってとても良い鳴りの極上ギターに仕上がっていますぞ~。。。

また荒っぽい使い方をしていない、大変コンディションの良いそして、年代ものとしては腐食もほとんど無く、年代物には珍しく綺麗なハードケースが付いてます。

こんな綺麗なコレクションタイプのギターは、ハードケースに入れてシリカゲルBを入れて大切に保管しましょう。。。

ヤフオクやネットのリサイクルショップ等で痛い目に逢ってる方が、問い合わせが殺到してるにで全国で相当いらっしゃると思います。特にビンテージ中古ギターは、安く買っているならまだ良いんですが、高い価格で変な物つかませられま無い様にしましょう!

私も、ヤフオクで12レット弦高の弦高を問い合わせて、3.5mmと答えられて、この年代ならまあこんな物だろう!届いて調整すればと大丈夫!思って届いたギターがトラスロッドを無理やり締め付けて逆反りにしてあって3.5mm!?計画的です。トラスロッドを戻して理想のやや順反りに調整したら5.8mm・・・これはサドル残量を考えたら、廃棄処分!何とか話を付け返品に応じてくれたものの、中には、逆反りが戻らないものもあるし、ほとんどの方々が中古ですから~と、上手く口で丸め込まれたりしますが、泣き寝入りする例えクーリングオフの1週間を過ぎても、勇気をもって返品を申し出ましょう!

 

IMG_1874 IMG_1875 IMG_1876 IMG_1878

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

 

IMG_1877 IMG_1878 IMG_1880 IMG_1881 IMG_1882 IMG_1884 IMG_1885 IMG_1886 IMG_1887 IMG_1888 IMG_1889 IMG_1890 IMG_1891 IMG_1892 IMG_1893 IMG_1895 IMG_1896 IMG_1897 IMG_1898 IMG_1899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1871 IMG_1873

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

 

リペア&カスタマイズ画像は、Pages: 1 2 の2をクリック!

 

 

Pages: 1 2

One Comment

  • 岡留 久幸 より:

    初めまして。モーリスギター検索で拝見しました。質問ですが、友人からTFモーリスW-60 シリアル№822376を預かり、ネックの順反りを治そうとトラスロッドを回していたら、硬くて無理に回したのか、バキッと音がして、サウンドホールのトルスロッド付け目(6角レンチを挿しこむ処)が空回りして外れたのか、全く反応しなくなり、ネックも元寄りも曲がってしまいました。素人ですので、回し方がまずかったのか、どうすることも出来ません。それで修理、リペアが出来るものか?お尋ねします。また、修理できても高くつけば諦めて、このW-40を購入したいと思いますが。よろしくお願いします。お忙しいことと思いますが、お返事お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です