ギブソン/Gibson J-45 ヒスコレ仕様 美品!  178,000円

Posted by 関 浩一 on 2021年3月11日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

ギブソン/Gibson J-45 の鳴りの良い、ヒスコレ仕様仕様は入荷しました!

レギュラーライン生産ですが、人気の現在のヒスコレ仕様です。

シリアルナンバーからギブソンにアクセスして調べたところ、2000年6月14日水曜日に生産されたギターで、そして何と、生産番号: 001!!!

これはすごいですね。。。生産第1号!(;^_^A。。。そして昔からギブソン社のギターは、火曜日から木曜日に生産されたものが良いと言われてまして、なぜかと言うと月曜日は一週間の仕事始めで慣れなくてミスが多く、金曜日は明日が休みになるからと、やっつけ仕事で雑になるんだそうです。

見てきたわけでもない?でしょうけど。。。いわゆる都市伝説かも知れませんが、しかし、雑駁なアメリカ人だから・・・失礼!(笑)まんざら、うなづけなくも無い。。。(‘◇’)ゞ

 

生産から20年以上も経て、完全に木材も乾ききって、トップ浮きやネックの反りも無く、サドル高さも製造当時のままの状態で、削り幅も充分余裕がありますから、これから何十年も何百年も!。。。?言い過ぎ?はい失礼いたしました。(‘◇’)ゞ

フレットの減りも全くって言うほど、減ってない。きっと前のユーザーは、ギブソンを買ったは良いけどFコードで挫折して、ず~と置いてあったのかも?(笑)

だけど保存状態は良いので、きっと弦を緩めてシリカゲルを入れて大切に保管してあったのかも?そうでないと20年以上の経って、ネックもトップ浮きも、木の割れも全く無いなんて信じられませんもんね。。。

 

そして、ネックの反りをトラスロッドで理想の真っ直ぐよりもやや順反りに調整し、12フレット6弦で2,5mm、1弦で1,5mmに調整しました。そして勿論ペグの給油、フレット磨き、指板へのオレンジオイル塗布など・・・一通りのメンテナンスはしてあります。

そして、有難いことにギブソン純正オプションのビエゾのピックアップが付いてて、アンプにつないで、エレアコにも!最高の1本をあなたに~!?笑笑

 

ギターコンディションチェック
チェック内容 判定結果
1 ネック元反り、曲り、捻じれ、状態
2 ペグ取り付け部及び巻き取り機能
3 指板減り、浮き、剥がれ及び状態
4 フレット最摩耗部残量及び浮き、状態 優98%以上
5 ボディー全体のバインディングの剥がれ及び板の割れ 無し
6 ブリッジの剥がれ及び状態 無し
7 ナットの機能、状態及び弦の抑え易さ
8 トラスロッドの機能状態 余裕
9 12フレット6弦及び1弦の弦高 3,1mm/2,2mm
10 ピックアップ及びトルグS/Wの機能及びポットの状態

 

 

メンテナンス記録
項目 施工結果
1 ナット加工及び、弦高調整 不要
2 ナットサスティーン向上加工 不要
3 サドル・ブリッジ調整及び、弦高調整  6弦2,5㎜/1弦1,5㎜
4 トップ浮き修正(温冷加工法) 不要
5 指板清掃調整及び給油メンテナンス
6 フレット摺合せ加工 不要
7 フレット磨き及び錆止めコーティング
8 ネック反り調整及び、弦高調整
9 ペグ脱着オーバーホール調整給油 〇給油
10 PU・ポット・SW・ジャック等電装機器接触不良点検修理 不要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

モーリス/Morris FH-101(N)ナチュラル 美品  168,000円

Posted by 関 浩一 on 2021年3月10日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

モーリス/Morris FH-101(N)ナチュラル美品が入庫しました!

スキャロップドXブレイシングのマホガニー材で、人気のJ-45やハミングバード、マーチンのD-18 などとは一味しがった、モーリス独自のオーケストラボディ。

ここで、そのスキャロップドXブレイシングについて少しお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキャロップドブレイシングは、マーティン社が開発した技術ですが、中でも高価なギタードレッドノートのD‐41、D-42、D-45など、40万円以上する高級」ギターなどにしか持ち入れられないギター工法です。

スキャロップとは、ホタテ貝を意味する言葉ですが、1本のブレーシング(力木)を斜めに弓なりに削ったような形状がホタテの貝に似ていることからスキャロップと言われていて、 スタンダードなギターと比べて手間がかかるので、上級機種のみの仕様。

マーティンギターじゃなくても、このスキャロップドXブレイシングにすることで
マーティンギターの、とても優雅なブリリアントサウンドが得られます。

 

この個体は、2008年9月に製造され、今年でもう13年になろうとしているギターですが、木も完全に乾ききって、そしてとても保管状態も良く、画像ではアップにしても解り辛い、単板には有りがちなトップ板下部に木のヒビ、3本の塗装のヒビがありますが、ブレーシングでしっかりと固定されていますから、今後も何の問題も出る心配の無いところです。

それよりも、何よりも、ネックの状態もさることながら、トップ浮きも全く無く、弦高が12フレット6弦で1,8mm、1弦で1,2mmと言うアコースティックギターでは考えられない弦高です。そして勿論弦のビビりや、音詰まりもありませんので驚異的な一本です。

私の得意なCIKカスタムショップ仕様を施さなくても、高級なギブソンやマーチン製のギターよりも相当レベルが高い技術です。さすがメイドインジャパン!モーリスさんは偉い!!!(笑)いや本当!

そしてまた、メキシコでしか取れないアバロン貝で装飾してある、インレイやサウンドホール七色に輝く装飾がさりげなくゴージャスで、鳴りを象徴してくれてるかの様に、見るものをウットリさせてくれますよね。。。。(‘◇’)ゞ

 

ボディスタイル オーケストラ
カッタウェイ形状 なし
ボディトップ スプルース単板
トップ・ブレイシング スキャロップドXブレイシング(HT)
バック マホガニー単板
サイド マホガニー単板
バック・ブレイシング Xブレイシング
指板 エボニー
ナット幅 44mm
ネック材 マホガニー
ヘッドインレイ なし
ペグ GOTOH/SG381-B20GG
ポジションマーク 11~19F(フラワーインレイ)
弦長 630mm
出荷時標準弦 Jim Dunlop/DAP1254
ナット材 Graph Tech/TUSQ
サドル材 Graph Tech/TUSQ
ブリッジピン Graph Tech/TUSQ
ブリッジ エボニー
フィニッシュ グロス
カラー ナチュラル(NAT)
ケース ハードケース

 

ギターコンディションチェック
チェック内容 判定結果
1 ネック元反り、曲り、捻じれ、状態
2 ペグ取り付け部及び巻き取り機能
3 指板減り、浮き、剥がれ及び状態
4 フレット最摩耗部残量及び浮き、状態 優98%以上
5 ボディー全体のバインディングの剥がれ及び板の割れ 有りトップ下部
6 ブリッジの剥がれ及び状態 無し
7 ナットの機能、状態及び弦の抑え易さ
8 トラスロッドの機能状態 余裕
9 12フレット6弦及び1弦の弦高 1,2mm/1,8mm
10 ピックアップ及びトルグS/Wの機能及びポットの状態

 

 

メンテナンス記録
項目 施工結果
1 ナット加工及び、弦高調整 不要
2 ナットサスティーン向上加工 不要
3 サドル・ブリッジ調整及び、弦高調整
4 トップ浮き修正(温冷加工法) 不要
5 指板清掃調整及び給油メンテナンス
6 フレット摺合せ加工 不要
7 フレット磨き及び錆止めコーティング
8 ネック反り調整及び、弦高調整
9 ペグ脱着オーバーホール調整給油 不要
10 PU・ポット・SW・ジャック等電装機器接触不良点検修理 不要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

 

 

 

THE SESSION by Tonami Music Factry

Posted by 関 浩一 on 2019年1月22日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

吉川忠英さんと松田幸一さんの、二度とないスペシャルセッション!

前売りチケットは、お早めに!!!

 

トップページ用固定ページ

お問い合わせは、となみミュージックファクトリーまで!!!

 

ギブソン/Gibson J-45 ブラウンSB STANDRED CIK Custom Shop  188,000円

Posted by 関 浩一 on 2019年1月3日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

今でも圧倒的人気、J-45の2009年モデルですが、とても綺麗な極上品です。

10年近く使用してボディーも乾き切って来て、更にセミプロの方にお願いをして、数か月間に渡り、毎日数時間弾き込んでもらいましたから、より軽やかな良い音が出てますが、まだまだ年を増すごとに、これからもますます良い音になりますぞ~。

 

一度この音を聞いてしまったら、楽器屋さんに並んでいる新品のj-45は買えなくなりますぞ~!?(笑)

やはり、トップ浮きがありましたが、サドルは新品のままで私の得意な少しトップ浮き修正をして、フレット摺り合わせをして、音詰まりも無くビビりも無いようにして、1弦12フレット1.8mm/6弦12フレット2.3mm程度に仕上げましたので、ショートスケールの弾きやすいエレアコのようにとても弾き易くなりました!!

ギブソンのJ-45のカスタムショップでもこれだけ弾き易いJ-45は無い!!!と言って良いくらいの出来に私も満足です。

 

ありがたい事にピックアップ付きですから、どんなシチュエーションにも対応出来ますね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属ハードケースース

ご購入希望の方は、こちら

 

 

モーリス/Morris W-40 NA CIK Custom Shop 48,000円

Posted by 関 浩一 on 2019年1月3日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

サイド&バックがハカランダの極上w-40です。

バインディングの剥がれのも、白濁も無くネックの状態も良いのに加えて、トップ浮きも私独自の研究で編み出した加工法で修正いたしました。サドルも余裕があります。

ボディーもネックに少し打痕があるだけで、あとはトップ、サイド、バック、フレット、ヘッドも新品のように綺麗な、コレクターズコレクションクラスです。

フレット摺り合わせから、ネックの調整、ペグの給油&トルク調整まで完璧に仕上げました。

 

そして、12フレット1弦で1.9mm/6弦で2.5mmくらいに調整してありますから、ショートスケールのエレアコは弾き易いが、生鳴りが貧弱でね、、、なんて悩んでる方にはこれです!

約半世紀を経て、世界で枯渇してしまった爆鳴りするハカランダのW-40を大事にしてくださる方、ぜひお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

 

モーリス/Morris MD-525S NA CIK Custom Shop  29,800円

Posted by 関 浩一 on 2019年1月3日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

人気の縦ロゴの白鳥貝がキラキラ輝いて、とても綺麗なMD-525S!

何と、ピックガードにまだ保護シールが残っております。ギターを始めようと買ったは良いけど、上達する前にあきらめてしまったか?(笑)

そんな感じのする綺麗で一見、新品か?と勘違いするほど綺麗な1本です。

数十年の経っているとは思えないが、木材が乾き切って鳴りの良い状態です。もちろんバインディング剥がれや、トップ浮き、ネックの反りやねじれも無く、白濁も無く大変良いコンディションです。またフレットの錆の鏡面仕上げやペグ(糸巻き)のトルク調整や給油そしてトラスロッドでネックの調整もベストの状態にしてありますから、今後もも―メンテナンスでも、OKです。

最近のギターは良い音でないあ~と思っていらっしゃる方、古いギターほど良い音でます

よ~。
私から購入された、ユーザーから頂いたメールの中にギターが余りにも弾き易く、他何本も持っているギターは全く弾かなくなってしまいました!との御礼のメールが何人からもも頂いたもので、弦高だけは、出来うる限り徹底的に低くチューニングしてます。もちろんビビりや音詰まりはしない様に・・・そこが難しいんですね。。。ほんと!
そして私の得意な・・・(笑)弦高は、12フレット6弦で2.3mm/1弦1.5mm前後になる様に調整してありますから、チョー弾き易いですぞ~。。。
新品時、楽器店ど販売しているギターの弦高は通常、12フレット6弦で3.0mm/1弦で2.5mm前後が普通です。
という事は???そうです!!!めちゃくちゃ弾き易い!って事になりますよね。。。
初心者でハイコード(バレーコード)で挫折しそうな方から、プロまで納得して貰える1本です。
1980年代に製造された古いものですから、残念ながら資料は有りませんが、恐らくトップはスプルース、ネックは、ナトーサイド&バックサペリだと思いますが、サペリは西アフリカ・中央アフリカ・ガーナ・ナイジェリアなど が産地で、サペリマホガニーとも呼ばれ、木乾比重も約0.56~0.69とマホガニーに近く、ギブソンのJ-45やマーチンのD-18と良く似た音色で、単音の軽く綺麗だがコードストローク演奏に向くので、弾き語りにはもってこいのギターだと言えると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ソフトケース新品

ご購入希望の方は、こちら

 

地元の北日本新聞社さんに、CIKカスタムショップを取り上げて貰いました!

Posted by 関 浩一 on 2018年11月2日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

富山県ではトップのシェアを誇る、北日本新聞の三面記事欄に大きく取り上げて頂きました。(‘◇’)ゞ

 

エピフォン/Epihone Les Paul BY Gibson 日本製 CIKカスタムショップ 78,000円

Posted by 関 浩一 on 2018年10月7日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

息をのむような美しい、トラ目のストライプメープルのレスポール極上品!!!

Maid in Japan 富士弦製のレスポールです。1970年代からギブソンが日本で作らせていたエピフォンのレスポールです。

これが、近年本国のアメリカで古いアメリカ製よりもmade in Japan製が造りも音も良く壊れないから品質が良いと、話題になり40年以上経った今でも当時新品の販売価格で日本製の中古が売買されています。この事からアメリカ発祥のジャパンビンテージと言う言葉が、もてはやされて日本にも派生し、日本でも最近になって、ジャパンビンテージ、ジャパンビンテージと騒がれるようになったという事です。

そしてレスポールと名乗れるのは、ギブソンとこのby Gibson のエピフォンだけ!(笑)

製造から40年以上、やがて半世紀になろうか?と言うレスポールだが、とっても綺麗で保存状態も良くコレクターズの方々にもヨダレものの一本ですよ~・・・ほんと。

ギターの命でもある、ネックの状態も良くフレット摺合せを行い、12フレット6弦で1.0mm1弦で0.8mm!!!に調整カスタマイズしました。

ビビりや音詰まりも無く、今までカスタマイズした中でも渾身の一本に仕上がっております。これで初心者のビギナーでも楽々演奏できますぞ~。。。また中級者には、出来なかった速弾きも、少しの力でも簡単に弦を押さえる事が出来るので、腕が上がったみたいになります。。。

出音は言うまでの無く、甘くて図太い人気のギブソンの57クラッシックの音色にかなり近いうっとりしてしまうようなピックアップです。動画を視聴してみてください。

もちろん、パーツは全て純正品です。

 

綺麗に仕上がったので、アンティークなハードケースの入れてやる事のしました!!!

かっこいい~!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース新品
ご購入希望の方は、こちら

 

演奏 クリーン

 

 

 

 

 

オーバードライブ

 

 

 

 

付属品:ハードケース新品

ご購入希望の方は、こちら

 

リペア&カスタマイズ画像は次ページです。

Read more…

‎アイバニーズ /Ibanez AEG60SE NT 58,500円

Posted by 関 浩一 on 2018年9月1日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

アイバニーズ(Ibanez)は、1902年創業の日本の楽器メーカの老舗、星野楽器ブランドです。

AEGシリーズ、AEGの10、15、45、60とあり、AEG60はオール単板の最上位機種

オール単板と言えば最低10-~30円以上しますよね。。。

このAEG60は2001年に星野楽器の生産モデルです。

 

スペックは、

トップに、シダー単板。サイド・バックは、なんとマンゴー単板。ネックにマホガニー。そして、指板にはローズウッド。ヘッドのインレイ、トップのバインディング、サウンドホール周りには、メキシコのアバロン貝!!!うっとりさせる何とも贅沢な逸品です。

トップにはヤマハさんをはじめよく使われているシダー。製造から17年を経て完全に乾きウェザーチェックも少し現れてきて、トップ板も良く振動してくれて、良い鳴りしております。

また、このマンゴー材良いですね・・・マホガニー材よりも硬く響いて音に透明感がある。高級ローズウッドやハカランダよりもレスポンスやアタックが良い、そしてピッキングのニュアンスがギター一本で、音楽を表現するには最高のギターですね。。。

この音色、音の性格からしては、いまは枯渇してしまったハワイアンコアに近い音色です。マーチンやギブソン、ヤマハやタカミネ、モーリスやヤイリ・・・アコースティックギター定番のローズウッドや、マホガニー材、ハワイアンコアなど音色が素晴らしいと言われる、物を弾いてきましたが、マンゴー材ってこんなにも良い音を出してくれるんですね。。。いやいや感動しました。

バックのマンゴー材の木目が何とも美しい!二本と無いこの貴重な1本お早めに!!!

そして、やはり良いギター大切にしなきゃ!って事で、ギター寸法にピッタリ合う新しいハードケースを買って入れてやりました。

マーチンやモーリスさんが採用している、アルミとプラスチック素材を使って持ち運びもらくらく軽くて強い、ハードケースです。

そして、CIKカスタムショップ仕様ににて、弦下1フレット上間隔を6弦上0.5mm、1弦上0.3mmに、12フレット6弦で2.2mm、1弦で1.5mm程度に調整して、エレキギター並みに弾き易く、もちろん、音詰まりもビビりも無くローコードからバレーコードに至るまで、エレキギター並みにとても弾き易い最高の一本に仕上がりました。

これだけのカスタマイズをすると、東京都内の楽器屋さんに依頼すれば、最低でも5万円位は、費用が掛かるでしょうね。。。

私は、このカスタマイズ作業は特価のセット価格の3万円前後で依頼ユーザーさんには施工してあげてはいますが。(笑)

また、プリアンプ付きのピエゾのピックアップは、ホーンジャックとキャノンジャックが装備され、より品質の高い音作りが出来て、出音はクリーンも綺麗ですがクランチで単音を弾くと、他のサウンドに埋もれる事無く芯がしっかりした音色で、ピッキングのニュアンスもしっかりと出ますので、バンド演奏も弾き語りには相当な威力を発揮します。

電池も、ありがたいどこにでもある単三電池2本でOK!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース新品

ご購入希望の方は、こちら

 

リペア&カスタマイズ風景は、下の Read more をクリック

Read more…

タカミネ/TAKAMINE PT-106 BS エレアコ CIKカスタムショップ 特価42,800円

Posted by 関 浩一 on 2018年8月31日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 90

今でも人気が衰えない、小ぶりな一番人気のタカミネPT-106

しっかりとメンテナンス&リペア&カスタマイズして、とっても弾き易いギターに仕上がりましたぞ~!!!

エレアコでも少し小ぶりで女性でも扱いやすく、生音もバランスの取れた良い鳴り!ビエゾピックアップもハウリングも起きにくく、鳴りも綺麗になるのはもちろん、ギブソンのJ-45やマーチンのD-18に代表されるバック・サイドにマホガニー材を使用した、生音の音色に近い出音です。エレアコと言えばタカミネ!タカミネと言えばエレアコ!と言われるのは、やはりその所なんですかね。。。

さて、リペア&カスタマイズの内容は、前ユーザーの手垢を除去に、ギター癖を無くする所、新品時よりも弾き易くする事、長く使って行くためのメンテナンス。

1、まずは、手垢やホコリ汚れを綺麗に除去してやります。

2、ボディー全体の小傷を取り、ポリッシュ仕上げ。

3、指板のフレット磨き&指板にオレンジオイルを塗布し、加熱法で染み込ませ指板保護

4、ペグの点検。ペグの取付ねじの増し締め、トルク調整。

5、トップ浮きは殆ど有りませんでしたそしてが、12フレット6弦で4.0mm。1弦で3.8mm有り、相当弾き難いので、先ずはネックを真っ直ぐよりやや順ぞりに。サドルを少し削って最終的には、6弦で4.0mm→2.3mm。1弦で2.1mm程度に調整。これだけでも新品出荷時よりも弾き易いんですが、ここで終わる私ではありません!(笑)

そうです。アコースティックギターの場合は、ローコードを良く使うのが、圧倒的に多いので1フレット上の弦高調整が不可欠です。

6弦~1弦まで、1.0mm程度有りましたから、6弦ー1弦をナット溝を研磨調整して0.7mm-.03mm位に調整しました。この作業で劇的に弾き易くなります。

 

外観はトップ左下部角に打ち傷はありますが、全体的にはとても綺麗なギターで、カスタマイズしてこれで相当弾き易く、初心者でもバッチリ弾き易いギターに仕上がりました。

この作業をリペアショップでして貰うには、最低15,000~20,000円はするでしょう?ねえ。。。

良いギターに仕上がったお祝いに、106にピッタリ合う新しいハードケースに入れてやりました。

ギターを保護するにはハードケースが一番良いのですが、如何せん重い!のがネック。

特にタカミネのハードケースは、木を使っているからとても重いので、マーチンやモーリスが採用している回りがプラスティック素材とアルミ製で、非常に軽いハードケースにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リペア画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品;ハードケース新品

ご購入希望の方は、こちら