TOKAI/東海 レスポールモデル ラブロック チェリーサンバースト   ¥38,500

Posted by 関 浩一 on 2014年4月24日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

完全に乾ききって4,130g!

1978年から発売されたレスポールモデルで、本家を凌ぐ出来栄えとも言われ、ギブソン社からクレームが付き販売差し止めになった、曰く付きのLSモデルです。その後アメリカでは販売されていません。

また1984年 フェンダー社から自社の偽造品製造をしているとして訴訟を起こされ、販売停止になって居るがその後、1982年からの親会社であったフジゲンに代わるかたちでフェンダージャパンのOEM供給を開始しています。

何を作らせても上手い日本の技術屋集団のフジゲンや東海に、いつになってもアメリカの楽器メーカーは翻弄され続けていますよね。。。

ギブソンレスポールのトラディショナルや、バーストバッカ―搭載ヒスコレや、57Classic搭載のトラディショナルや、498t500のPU搭載のレスポールクラッシックや、p-90搭載するレスポールやヒスコレと引き比べて見たが、音質もパワーも決してギブソンに引けを取らない。

音質でギブソンの中では、496R,500Tに近い幅広い音域とパワーがある。P-90や57Classicに代表されるように枯れた音では無く、ヤマハのSGやSL等に近い音色である。あとダンカン系の音も近いかな?

総評的には、やはりギブソンでもヤマハでもエピフォンでも無い。ジャズ向けでは無くロック系向きの音色だと思います。

やはり皆さんが言う、これが”トーカイの音!”である。

【コンディション】

細かな傷や打痕は有るものの、全体的には保存状態も良く、塗装の劣化や白濁も無く、勿論致命的なネックの割れや塗装の割れも有りません。

重く良質なマホガニーを採用しているが、30年以上経って完全に乾ききって4130kg!丁度良い重さである。

 

IMG_5034 IMG_5042 IMG_5047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5086 IMG_5087 IMG_5091

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5093 IMG_5094 IMG_5092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:純正ハードケース(新品)付き

ご購入希望の方は、こちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です