First page of the Gibson archive.

ギブソン/Gibson J-45 Historic Collection Vintage Sunburst エレアコ 超美品 188,000円

Posted by 関 浩一 on 2016年2月24日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/category.php on line 84

山野楽器さん がギブソン取扱総代理店だった 記念すべき2006年最後の年の人気のヒストリックコレクションJ-45エレアコ!!!

アメリカモンタナ州にあるボーズマン工場、1月6日、2006、製造番号:82番で製造されたヒストリック・コレクションです。

最近、特にギブソンの品質が悪くなったと数年前から巷では騒がれていますが、やはり長年ギブソンの総代理店を山野楽器が止めさせられたからでしょうか???・・・中には、やめさせられたのでは無く、止めたんだ!って人も・・・

その理由は、確かだと思われるような事柄は、

1、ギブソン社は、品質にうるさく不良品は返品してくる山野楽器が気に入らなかった。

2、そもそも、フェンダーの総代理店をしているのが気に入らなかった。

3、品質の良いギターと悪いギターを抱き合わせロット購入を強要されて山野楽器が代理店契約を断ったから。

4、人気商品も不人気商品も抱き合わせて仕入れを強要したり、拒むと売れている主力の商品の出荷を抑えたり、オーダーしたギターを数か月も待たされたり、1回の注文本数もロット注文するように要求されて、山野楽器が断った。

5、 品質は、もともと良く無いからアメリカ人の仕事は雑で山野楽器の方で、きっちり再調整して市場に出してたから感じなかっただけで、品質が低下したのは、現品確認後の調整が悪いからでは?・・・

 

山野さんが代理店やめてからは、ギブソンジャパンの販売数が激減したとか、、、まあ、色んな噂が有りますが、Gibsonのテスターによる音色テストと品質検査に合格している製品が世界中に出荷されている訳なんですが、、、

私は職業柄アメ車の販売や修理は良くしましたが、日本とアメリカでは、0.01ミリの狂いも許さないレクサスに代表されるように、品質基準が違ってパーツでも、、、その他家具でも電気製品のしても造りがやはりアメリカ製は確かに部品一つ々の形成はアバウトで、雑ですよね。。

だからといってギブソンジャパンが無検査で垂れ流してるってことは無いんでしょうが、山野楽器さんに品質基準が厳しければ厳しいほど、消費者としては安心して買える!って言うもんですよね。。。

僕も、ギブソンのギターは新品でも、インレイの貼付け後の後処理が雑だったり、塗装ダレが有ったりして、水研ぎコンパウンド仕上げしたりヘッドの塗装割れなんか当たり前です!!!ギブソン社さまさまがおっしゃるように、音色には影響が無い!!!ちゃあ、ないですけどね。。。

 

ここ最近は特にビンテージ人気でJ-45ヒスコレを望む声が多く有り!このヒスコレJ-45は、50年代前半モデルを基準に極めて近づけながらも近代的技術も反映させながら製作されたヒストリック・コレクションモデルです。

J-35の後継機種として1942年8月に発表されたJ-45は、現在も発売され続けているロングセラーのアコースティックギターです。これほど世界中で幅広い世代と音楽のジャンルの問わないで、世界中で多くの有名ミュージシャンに愛されたギターは無いですよね。。。

ちなみに、日本のアーティストでは、斎藤和義、桑田佳祐、奥田民生、吉田拓郎、長渕剛、井上陽水、山崎まさよし、佐野元春、高野寛、コブクロの小渕健太郎、かまやつひろし、ミスチル桜井和寿・・・上げればキリが無い程一流のアーティストに愛されています。

【コンディション】

画像でもお判りの通り大変綺麗な状態を保っていて、画像をアップにしてもなかなか判らないような小さな擦り傷や打痕は有りますが、ネックの状態も指板フレットやペグの状態ボディの状態ももGoodなコンディションです。もちろん、致命的なネック割れや指板割れ、そしてボディの木の割れやバインディングの剥がれも一切ありません。

製造から丁度10年目を迎えて乾燥が完璧になりつつある状態のギターだからこそ味わえる、張りの有る重低音から程よいハーモニクスの高音域&サスティーンで、名器J-45のスキャロップド・Xブレーシング(元々はマーチンが開発)加工ならではの鳴りの良さが充分に発揮し、今この時だからこその最良期を迎えながら、ビンテージな音色が味わえる1本です。
また、わずかなトップ浮きでしたが、修正加工済みで、(これだけ乾き切った後の修正を加えたギターだからこそ、今後トップが浮いてくる事は恐らく無いでしょう)サドル(牛骨)交換でも4.0mm位の高さにも充分余裕があり、これから一生モノの逸品です。

そして、何と言ってもありがた~いエレアコ仕様でフィッシュマンのビエゾが装着されていて、あらゆる場面で活躍してくれるJ-45です!

※ご注意。投稿のヘッド裏画像の両サイドの線2本は割れでは無く、木材が乾いてくると木材が痩せていくんですが、それにしたがって現れる木材を接合させた継ぎ目の線ですので、ご安心ください!

 

ギターコンディションチェック
チェック内容 判定結果
1 ネック元反り、曲り、捻じれ、状態
2 ペグ取り付け部及び巻き取り機能
3 指板減り、浮き、剥がれ及び状態
4 フレット最摩耗部残量及び浮き、状態 優95%以上
5 ボディー全体のバインディングの剥がれ割れ 無し
6 ブリッジの剥がれ及び状態 無し
7 ナットの機能、状態及び弦の抑え易さ
8 トラスロッドの機能状態 余裕
9 12フレット6弦及び1弦の弦高 2.5mm/2.0mm
10 ピックアップ及びトルグS/Wの機能及びポットの状態

 

 

メンテナンス記録
項目 施工結果
1 ナット加工及び、弦高調整
2 ナットサスティーン向上加工 不要
3 サドル・ブリッジ調整及び、弦高調整
4 トップ浮き修正(温冷加工法)
5 指板清掃調整及び給油メンテナンス
6 フレット摺合せ加工 不要
7 フレット磨き及び錆止めコーティング
8 ネック反り調整及び、弦高調整
9 ペグ脱着オーバーホール調整給油
10 PU・ポット・SW・ジャック等電装機器接触不良点検修理 不要

 

 

SPEC
Top:Solid Spruce
Side:Solid Mahogany
Back:Solid Mahogany
Neck:Mahogany
Fingerboard:Rosewood
Bridge:Rosewood
Machine Head:Gotoh/Nickel
Fingerboard Inlay:Dots(Pearl)
Rosette:White&Black
Binding:White&Black
Pick Guard:Tortoise Color
Pick up:Fishman piezo
Nut width:43.8mm
Scale:628.65mm
Case:Original Hard Case

 

IMG_2567 IMG_2568 IMG_2569 IMG_2570

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:純正ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

 

(さらに…)

Pages: 1 2

ギブソン/Gibson エレアコ J-45 Standard ビンテージ・サンバースト 新品同様  168,000円

Posted by 関 浩一 on 2014年11月1日 with No Comments
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/category.php on line 84

とても良い鳴りのUSAボーズマン工場2012年8月製造のJ-45入庫しました!!!

J-45と言えばギブソン!ギブソンと言えばJ-45と言われるほど、世界中のギタリスト達を今でも魅了し続けて、人気が衰えないギブソンアコースティックの代名詞J-45。そして近年特に人気のVintage Sunburstです。。。

L.R. Baggs Element Active Acoustic PickupSystemを搭載しており、サウンドホールエッジ脇でVolume コントロールが可能です。
また、指板のエッジ部が丸みを帯びている点も特徴的で、スムーズなフィンガリングを可能にしてくれます。特にストロークでは6弦それぞれ輪郭がとても綺麗に主張し合い、J-45やハミングバードも含め、アコースティックギターは何本も試奏して来ましたが2012年と新しいにもかかわらず、信じられない位これは良く鳴ります。。。

買った方は、相当運が良いと思います。。。真面目な話。。。

ソリッドでも、アコースティックでも木の材質や製作している担当者や、工場によって1本1本音色は違います。。。

これは、調子が出て来る火曜日か水曜日に製造されたのかも。。。

いずれにしても、ギターは弾き込んだから鳴りが良いとか、使って無く綺麗だから鳴りが良いとか、古い物だから良いとは限りません。

木が乾ききったビンテージものが人気の昨今ですが、何十年も保管してあった木を使えば、ネックやボディーが反ったり捻じれたり、木材が縮んで塗装が割れたりしない訳ですが、しかし実際のところ数十年乾かしても木材の表面は乾きますが、中芯のところまでは中々乾きません。

ですから、数センチ数ミリに製版してからでないと完全には乾かず、気持ち良く新品を買ったのは良いけど、中には乾燥した木材供給が追い付かず乾燥不足で半乾きの木材を使った時のギターは、数年してから上記の状態に反ったり捻じれたりして、捨て金になってしまう恐れがあります。。。そんな意味では、新品を買うよりも製造してから数年間経っての乾ききったギターはその後捻じれる事が無く安心できると言う事になります。。。

 

メーカー希望小売価格351,000円

付属品:純正ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

 

IMG_7687 IMG_7689 IMG_7698

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さらに…)