エピフォン/Epiphone Les Paul Custom EB カスタムリペア済    ¥34,800

Posted by 関 浩一 on 2014年11月15日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

韓国の仁川にあるアンサング工場で2001年10月の製造に製造された、レスポールカスタムです。

これも、以前の日本のメーカーの下請け生産やエピフォンのOEM生産された80~90年代のレスポールは本当に良い物は無かったんですが、中々造りも良く4,26Kgと重く良い鳴りがします。。。

出音は何と、ギブソンのP90や57Classicっぽい音が出るではないか???

どちらかと言えば57Classicの音に近い!勿論ギブソンほどのパーワーは無いが、50Wのアンプから60W出る訳では無く同じアンプでも音量を上げれば、ギブソンと勘違いする出音である。。。

ギブソンでも、492Rや498Tなど装着スタンダード(現在はレスポールスタジオ等)と比べ、本体を見せないで音だけ聞き比べてどれ位のギターユーザーたちが、聞き当てる事が出来るだろうか???疑問ですね~。。。

色々調べてみたらアンサング工場は、年間5万本も生産能力のある工場で、実績のある韓国の会社で1987年から操業している会社で当時は、正直そんなに褒められたものでは無かったが、ここ最近2000代になってからは、技術力も上がりそれなりに作りもしっかりして、良いんでは無いんでしょうかね~。。。また、上位モデルのレスポールカスタムのカスタムショップと銘打つ限りは、品質管理が少し厳しかったのかも。。。

 

僕の一番愛用している、ダンカンのPUを搭載したコルトも中々作りも良く韓国製ですが、国家間の問題は別として良い物は良いのでは?と思います。。。

 

【コンディション】

中古ですのでメッキ等の劣化や多少の小さな傷は有りますが、画像でもお判りのようにボディーもバックもほとんど無傷状態で、15年経過して大変コンディションの良い1本です。

また、フレットシェーパー、ナットチューニング、指板保護剤塗布、金属保護剤塗布、ポリッシュ仕上げ等々・・・あらゆるカスタマイズ&リフニッシュを施し、フレットの減りもネックのも無く12フレット6弦で1.5mm、1弦で1.0mmでも音詰りやビビりも無く、極めて弾き易いコンディションギターに仕上げっております。

 

IMG_8017 IMG_8019 IMG_8021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ソフトケース

ご購入希望の方は、こちら

 

IMG_8027 IMG_8030 IMG_8033

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8046 IMG_8044 IMG_8042 IMG_8041 IMG_8040 IMG_8039 IMG_8037 IMG_8035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8009 IMG_8025IMG_8050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ソフトケース

ご購入希望の方は、こちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です