モーリス高級グレード S-101の修理依頼の巻

Posted by 関 浩一 on 2014年3月22日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

1弦フレットが浮き上がり演奏中に3フレットに引っかかってしまうとの事。

フレットの浮き上がりは、打ち込みのし直しや、瞬間接着剤やエポキシ樹脂等を使い何とかなりそうだが、高いギターなのにねー。。。って言ってたら、ヤフオクで安く落札したとの事。。。

ついでに診断したところ、5弦12フレットで3.1㎜。まあもんか・・・と思いきや試奏すると5・6弦が解放弦で何とビビりが???ナット溝を削り過ぎ?いやいや逆反り!?

前オーナーが、ブリッジが浮き上がり弦高が高くなりトラスロッドで無理に調整した為、逆反りで

3.1㎜あるにも関わらず、ビビりが出てヤフオクに出品したものなのか??

IMG_4744IMG_4761

IMG_4745 IMG_4748

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取敢えずフレットの減りも有るので各フレットを均等に打ち込でやって、トラスロッドで真っ直ぐに調整(これが大事)した後、フレットシェープ作業。。。

IMG_4759 IMG_4763

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、シェーパー作業で削れた所とそうで無い所を頭に入れながら、フレットヤスリでフレットの荒削りR研磨作業。。。(;’∀’)

IMG_4770 IMG_4776

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、サンドペーパー800番→1200番仕上げ、コンパウンドで鏡面仕上げ。これが大変!(・_・;)指が痛くなり肩まで凝ってくる。。。でもそこまでやらないと、綺麗なチョーキングが出来ないしねぇ。。。

IMG_4780 IMG_4783

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変綺麗に仕上がりました!!!ピッカピカ!(^_^;)ふぅ。。。

IMG_4786 IMG_4787

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は、ボディのポリッシュ仕上げと指板の保護とフレットの錆止めにレモンオイル塗布。

IMG_4802 IMG_4808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく、レモンオイルが指板に染み込むまで待てながら、ゲージにフッ素配合グリスを塗り込み、弦張り作業。。

IMG_4813 IMG_4815

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にメタボになった、ブリッジにサドルを0.5㎜削ってやる事にした。

IMG_4818 IMG_4826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12フレット6弦で、2.6mm。1弦で2.0mm。トラスロッドを真っ直ぐに調整。どうだー!

おおお!5・6弦のビビりが消えた!ガンガンストロークしても大丈夫。弦高も下がってとても弾き易いギターに仕上がりました!

これぞ、C・I・Kカスタムショップ仕様だあ。。。(^▽^;)

IMG_4828 IMG_4833

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、このギターのオーナーもきっと喜んでくれるはず。。。

IMG_4838 IMG_4839 IMG_4840 IMG_4842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フレットもボディもとってもピッカピカ!綺麗なギターに仕上がりました。

お疲れ様でした。。。(‘◇’)ゞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です