ギブソン/Gibson Les paul Costom CIKカスタムショップ 美品!  298,000円  

Posted by 関 浩一 on 2016年10月9日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

ギブソンと言えば、レスポール。レスポールと言えばタキシードが似合うブラックカスタム!!!

定価で、655,000円もするギターなんて手が出ませんよね。。。美品のカスタムショップを更に弾き易くしたCIKカスタムが20万円台で!!!画像でもお判りのように、大変コンディションの良い状態を保ちながら程よく塗装にもウェザーチェックが見られ、金メッキの剥げは少しありますが、ボディートップ・サイドバック・ネック・ヘッドトップの木の割れや目立つ打痕や傷などはまったくと言って良い程ありません。

また、ギターの一番大切なフレットの減りや、指板の減りもありません。そして、指板を良~く見て下さい!分かる人はすぐ分かる。目の詰まった超高級Eboni(黒檀)木目の空気層が全く無い位の黒檀。これは出音的にもそうだが、どれだけ引き倒しても指板がなかなか減らないんですね。。。同じ黒檀と言えどもその時その時で同じカスタムでも、縞黒檀や空気密度の低い黒檀やピンキリですからね。。。これは良い!

ギブソンのカスタムショップギターを、弾き易くする為に弦高を下げても音詰まりやビビリが起きにくいように更にフレット摺合せしてCIKカスタムショップ仕様にしました。

一般的にバカ高いカスタムショップ仕様は、ただ高いだけでは無くてフレットの摺合せがして一応してあるんですね。。。

しかし、ギブソンがいくら乾燥をしっかり行った高級材マホガニー材や黒檀材を使おうとも金属では有りませんので、年月を重ねて徐々に乾いてくると多少なりとも木の癖が出て来て気が縮んでフレット高に高低差が出て来ます。

そこで、フレットの摺合せをしてやれば、もうこれからはしてやらなくてもいいと言う事になります。。。

ここ最近は、ギブソンはハズレが多い!とか特に7、80万円や100万円と言ったヒスコレのレスポールは価格の割に、鳴りは良いんだけど抜けが良くない!よっぽどスタンダードやトラディショナルの方が案外抜けが良いなどと、評判がよろしくない。。。とギブソンおたくの方がおっしゃっておられた。言われてみれば私の愛用している最近買ったトラディショナルのシグネーチャーTでも価格の割には鳴るわ抜けが良いわ。。。まあ私の大好きな57クラッシックのオープンだからかもしれないが。。。(^^;)

限定ものに弱い日本人は、アメリカの商業主義にヒスコレやカスタムショップのバカ高いのを上手く乗せられて、金を巻き上げられているのかも。。。(◎_◎;)

アメ車を見たらわかる様に資本主義の本場で、ざっぱくで豪快でアバウトなアメリカ人らしい商売なのかも?・・・

山野楽器さんが、品質の悪いギブソンは手直しして販売していたらしく、また手直しが効かない物はすべて返品していたらしい。どうもそれがギブソンは気に入らないので、直系のジャパンギブソン社を作ったらしいのは事実らしい。

そして最近は安価な本体ボディーが薄くて軽いレスポールカスタムライト??(タバコじゃないんだから!?(笑)・・・)も発売されてはいますが、薄くて軽いギブソンのギターは本物のギブソンの音を求めるんであれば、やはり昔からプロの間でも言われ続けている、良いギターは重い!と言うのはあながち間違いではありません。ホンジュラスマホガニー材など高級材ほど空気密度が高く目が詰まっていて重いんですね。。。

このカスタムは、カスタムショップの刻印がCS99370なので、1999年製だと思いますが、とても良い状態でウエザーチェックが出ていてほとんど乾き切った状態で、それでもまだ4.52kgもありますから、堂々としたカスタムサウンドが楽しめますよ!早速相性の良いマーシャルのチューブアンプと、ソリッドアンプで試奏して見ましたが、芯がしっかりしてクリーンも図太く甘い、そして軽く歪ませると、、、キタ――(゚∀゚)――!!背筋がゾク?となります。(笑)いやホント!

わが社の工場長も私の息子も軽く試奏させたら、よだれを流しておりました。。。(笑)

もうほとんど乾き切ってちょうどこれからが、このギターの旬を迎える訳で、図太く甘いギブソンサウンドが待ち構えてますぞ~!?

2016.10.9 追記、

画像をクリックしてアップ画像にしたら良く分かりますがヘッド表シェイプ左部の塗装ヒビが見えるのは、ヘッド周りに打ち傷や打恨は有りませんの数年かけてバインディングとヘッドの木が痩せてきた時にギブソンでは時々ある塗装クラックだと思います。ギブソンは元々塗装はダレしたままでも、木材も完全乾燥の弱い材料もアバウトに使いますからね。。。アメリカでメイドインジャパンが持てはやされているのもわかる気がする。。。バインディングの剥がれや、木の割れ等では有りませんので、高画質でカメラの画素数が高いので、光の具合で画像はひどいようにも見えますが、実際の見た目は全く気にならない状態ですので、よろしくお願い致します。

 

img_5196 img_5197 img_5199 img_5201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース(純正カスタムショップ製)カスタムショップ証明書等

ご購入希望の方は、こちら

 

img_5194 img_5195 img_5196 img_5202 img_5203 img_5204 img_5205 img_5206 img_5207 img_5208 img_5209 img_5210 img_5211 img_5212 img_5213 img_5214 img_5215 img_5216 img_5217 img_5218 img_5219 img_5220 img_5221 img_5222 img_5223 img_5224 img_5225 img_5226 img_5227 img_5228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース(純正カスタムショップ製)カスタムショップ証明書等

ご購入希望の方は、こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です