Ayers (ベトナム製)チューンナップの巻

Posted by 関 浩一 on 2014年4月11日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

前回紹介したモーリスS101所有のオーナーで、チューニングの仕上具合が気に入って頂いたのか?もう一本のエアーズ(ベトナム製)オール単板も弦高を下げ、3弦か4弦に時々ビビりがどこかで出たはずでそこも直して、オールチューナップして欲しいとの事。。。

 

IMG_5195 IMG_5197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺の良いギター緊張もするが、とても遣り甲斐がある。測定点検してみると、そんなに症状が前回モーリスみたいに悪化している訳では無いが、ネックの捻じれや反りも無く弦高も12フレット6弦で2.8mmとまだ優秀な方である。

これは、ギブソンのカスタムショップなみのカスタマイズを要求されているような、気になってきたぞ~~~~。^_^;

 

 

IMG_5202

IMG_5201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、とりあえずはフレットシェーパーで22フレット全てをフラットにしてからだ。。。

 

 

 

IMG_5205 IMG_5208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネックを真っ直ぐにトラスロッドで調整してから、フレットを研磨してフレットの頭部分が削れている所とそうで無いフレットが有るのがお判りだろうか???

 

 

IMG_5209 IMG_5211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスキングをして本格的に、フレット摺合せ。。。

 

 

IMG_5215 IMG_5220

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フレットヤスリで一本一本丁寧にRを付けてやり、800→1200のサンドペーパーで仕上げ磨き!!!(~_~;)肩がこるぅ~。。。

 

 

IMG_5254 IMG_5258

 

 

 

 

 

 

 

 

遂に、もっと肩も指も痛くなる作業!。。。しかし、ここで手を抜く訳にはいかないし・・・ヨイショ!ヨイショ!!!どうだ―!!!綺麗になったでしょう!?鏡見たいにピッカピカ!これで金属保護剤(フッ素配合)等を塗布しとけば、完璧!

 

 

IMG_5262 IMG_5263

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は、ボディー全体の汚れや手垢を綺麗に除去。

 

 

IMG_5265 IMG_5268

 

 

 

 

 

 

 

 

拭き取り作業で、指板には良い黒檀が使ってあるなと思いきや、これは色付け塗装の可能性が高い!まあ、あの世界のギブソンさえやっているらしいから大目に見ますか。。。

 

 

IMG_5278 IMG_5279

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ペグの増し締め。おお!当店にこのギターを持ち込んで良かった。。。ペグ取付のビスやペグナットが全て緩んで2弦のペグなんかナットが3回転位しました!こう少しでペグを壊すところだったね=3

 

 

IMG_5280 IMG_5285

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は、フレットシェープしたから、弦高を0.3mm~0.4mm下げるのに、サドル研磨。

 

 

IMG_5286 IMG_5288

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーディが乾いてきたところで、ポリッシュ&オレンジオイル塗布。

 

 

IMG_5300 IMG_5309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に弦にはフッ素配合金属保護剤入りのグリスを擦り込み完成!!!

12フレット6弦で2.8mm→2.4mm。12フレット1弦で2.3mm→2.0mm。

弦のビビりも無く、弾き易い良いギターに仕上がりました。このギターのオーナー様の弾いていらっしゃるジャンルでは、これ以上下げるとビビりが出てしまうので、この辺が一番と言う事で、完成!

お疲れさまでした。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です