ヤマハ/YAMAHA 赤ラベル FG-140 ハードケース付き  ¥29,800

Posted by 関 浩一 on 2015年4月8日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

激鳴りのFG-140です。ジャパンヴィンテージ赤ラベルならではの軽やかな良い音出ます!

超人気の赤ラベル、1969年に製造されていまだファンから再販売を求められて作る位人気の赤ラベル、FG-140

最近YAMAHAのFGと言えば、ゆずの岩沢さんが使っていたFG-180が有名ですが、FG-180と同じ赤ラベルのウエスタンタイプです。

ゆずの岩沢厚治さんは、13歳の誕生日に父親に初めて買って貰ったギターが、FG730STで、その他FG-180、 FG-500X、FG-Custom(白) 、Tha FG、・・・

ちなみに、岩沢さんが使用しているFG-Customは、FG180・FG-730STを元にと注文して作って貰ったとの事です。そして、そのスペックでその後、Tha FGが発売されたようです。。。とにかく岩沢さんは、FGが大好きなんですね~。。。

そして、このFG-140はサイドとバックにラワン材が使って有る!!!ラワンは南洋材で、マホガニーの代用品として使われることが多いが、これがまた良い音出ますよFG-150やFG-180とは違っては、低音は少し弱いが中高音域がとても綺麗に鳴ってくれます。。。木が乾き切っている事も有りますが、みなさんが赤ラベルは良いとおっしゃる理由は、赤ラベルならではのキラキラして軽やかな高音域のことですが、そんな意味においては赤ラベルの中でもこのFG-140は、ダントツです。。。マホガニーよりラワンの方が良いのかも。。。

 

ペグは交換されてはいますが、全体的にはコンディションも良く、致命的な木の割れやネックの捻じれ反り等は有りません。

40年以上経ったアコギはすべてボディートップ浮きがありメタボが進んでいて、まとも日の引けるギターはまれですな。。そこで私の編み出した、冷温修正法でギター本体や塗装を痛める事無く修正が大成功しました!今後も数十年だろうと十分に使っていけるギターに仕上げましたよ!

 

【スペック】

ボデイ形式:ウエスタン

ト ッ  プ 材:スプルース

サ  イ  ド:ラワン

バ  ッ  ク:ラワン

ネ  ッ  ク:ラワン

指  板:ラワン

年  度 :1969年

本体価格 :14,000(税抜)

 

IMG_0224[1]IMG_0226[1]IMG_0228[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

 

IMG_0231[1] IMG_0232[1] IMG_0234[1] IMG_0239[1] IMG_0241[1] IMG_0242[1] IMG_0245[1] IMG_0246[1] IMG_0248[1] IMG_0250[1] IMG_0253[1] IMG_0254[1] IMG_0256[1] IMG_0259[1] IMG_0260[1] IMG_0254[2] IMG_0264[1] IMG_0266[1] IMG_0268[1] IMG_0271[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:ハードケース

ご購入希望の方は、こちら

Pages: 1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です