モーリス/Morris M-50 TBSB ハカランダ 極上 CIKカスタム 58,000円

Posted by 関 浩一 on 2016年10月3日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/users/1/mods.jp-vivtory-se/web/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

また極上品のバック&サイドがハカランダのM-50!

トップ浮き修正、ネック修正、フレット擦り合わせのフルコースを施工した極上ハカランダ、リア2ピースの鳴りの良いM-50です。

画像をご覧のように、良くあるヘッド裏トップに小さな打恨は数か所有るものの、ボディートップもサイドもバックもネックもヘッドのほとんどと言って良いほど傷が有りません!勿論、致命的なバインディングの剥がれや木の割れや塗装割れも無く、指板もフレット残量も、サドル残量も多く有り言う事無しの保管状態も大変よろしい1本です。

M-50はトップスプルース単板で、トップ・サイドが現代では枯渇してしまった大変希少なハカランダが使って有ります。1983年から90年代にかけて生産されていましたが、20年以上経って、見た目はほとんど新品の様ですが、画像クリックして拡大すると判ると思いますが、ウェザーチェックがトップもバックも良い感じで入っていて・・・そうです。木や塗装が乾ききったからこそ現れるウェザーチェック(木目の木痩せ現象)この状態のギターこそが良い音を出すんですね~!

まあしかしモーリスさんは、80年代や90年代には世界各国の家具、木工、楽器メーカーもほとんどの木材会社もハカランダは、手持ち在庫も無くもちろん輸入がほとんど禁止状態のなか、相当在庫を貯めこんでいたんでしょうね。。。

じゃないとこの年代でハカランダは枯渇していて、おそらく世界も量産ギターメーカーの中でも安価な価格設定での20世紀最後のハカランダを使ってある唯一の最終版ギターですね。。。

 

本体もとっても綺麗ですが、ハードケースもとても綺麗です。大切に扱われたと推測されるM-50 です。

そして、カスタムショップフルコース施工済で、楽器店など他などの価格からみると安価な半分から60%位の当店設定金額でも4万円超えの施工料をしてありますから、弦高が低くビビりも出にくいようにセッティングしてありますから、新品のギターから見るととっても弾き易いギターに仕上がっておりますから、買った人はラッキーですぞ~!

 

img_5090 img_5091 img_5093 img_5094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:新品ハードケース付き

ご購入希望の方は、こちら

img_5087 img_5088 img_5089 img_5095 img_5096 img_5097 img_5098 img_5099 img_5100 img_5101 img_5102 img_5104 img_5106 img_5107 img_5108 img_5109 img_5110 img_5111 img_5112 img_5113 img_5115 img_5116 img_5117 img_5118 img_5119 img_5120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品:新品ハードケース付き

ご購入希望の方は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です